Simple Life Diary #26 創造すると、生きるエネルギーが湧いてくる

11月15日の日記から

今日は、雨が降っている。昨日、たまっていた洗濯物を手洗いしたら、4時間かかってしまった。そのせいで、腰が痛むので、ゆっくりするには、ちょうどいい。外に干した洗濯物は、雨が濯いでくれている。

肌寒いので、今朝は、ポールが蒔ストーブに火をつけた。私は、昨夜一晩、発酵させておいたチアバタ・パンの種を二次発酵させるために、焼き型に移した。パンの準備が出来たところで、次は、ココナツ・クッキーを作ることにした。「ココナッツ・クッキーを作る」と言うと、「おお、ファンタスティック!」と、ポールは、大喜びだった。

ココナッツ・クッキーは、砂糖を使わないので、甘過ぎないし、とても、簡単に作れる。材料は、ココナッツ・フレーク、ココナッツ・オイル、熟したバナナ、オートミール、砕いたアーモンド、レーズン、ココア、乾燥ラズベリー(これは、うちの庭から採れたものを使った)。これらを混ぜ、スプーンで掬って丸め、オイルを薄くしいたベーキング・トレイに載せて、焼くだけなのだ。

そうこうしているうちに、ストーブの薪の火が弱まったので、まずは、チアバタを入れた。ストーブは、オーブンではないので、温度計や火力の調節機能はない。火の加減を目で見て、手を入れて、温度を確認するというアナログ式。もちろん、火傷をしないように、さっと手を入れて、さっと出す。パンを焼くのには、少し高めの温度。クッキーやケーキを焼くには、低めの温度。これも、試行錯誤しながら、何度もパンを焦がして、感覚的に習得した。チアバタは、やや高温で30分。その後、低温になったところで、ココナッツ・クッキーをストーブに入れ、20分で焼き上がった。

chocolate coconut truffles (3) web

「うーーん」ポールも私も、ココナッツ・クッキーを頬張った。外はサクサク、中は、しっとり。バナナとココナッツ、ラズベリーとココアの味と香りが広がった。

考えてみれば、子供の頃から、お菓子を焼くのが好きだった(食べるのは、もっと好きだったけれど)。15歳の誕生日には、父にねだって、電気オーブンを買ってもらった。私には、妹たちとお菓子やケーキを分け合って食べるのではなく、全部、独り占めにしたいという夢があった。そこで、私は、自分でお菓子を焼くことにしたのである。

電気オーブンを買ってもらってからは、チーズケーキ、クッキー、アップルパイ、シュークリーム、イチゴケーキなど、夢中になってお菓子を焼いた。ノートにレシピを書き込んで、自分専用のレシピ本も作った。でも、大学に入ってからは、お菓子作りのことは忘れてしまった。それが、今、この歳になって、また、お菓子を焼く喜びを味わっているのだから、人生とは面白い。

「さて、次は何をしよう?」
雨は止みそうもないので、次は、苗ポットを作ることにした。今年は、30種類以上のハーブや花の種を買った。その中には、アニス、キャラウェイ、フェヌグリークなど、「土に還る苗ポット」に植えなければならないハーブがいくつかあった。でも、「土に還る苗ポット」など、ラフンタには売っていない。ならば、作るしかないのである。

そこで、段ボール箱を探し、ハサミと紙の粘着テープを使って、苗ポットを6個作った。そこに、コンポストと土を入れ、アニス、キャラウェイ、フェヌグリークの種を蒔いた。これもまた、子供に戻ったようで楽しかった。子供の頃、大好きだった図工の時間を思い出した。

biodegradable pot web

そう言えば、6歳か7歳の時に、みかん箱を使って、リカちゃんマンションを作ったことがある。買ってほしいと、父にねだったのだが、「そんなもの買う余裕はない」という一言で却下されたので、自分で作ることにしたのだった。ドアや窓を切り抜き、テーブル、椅子、ベッドなども、ダンボール紙で作った。なかなか、立派な出来だったけれど、本物のリカちゃんマンションを持っている友達のことが、うらやましく、自分で作ったリカちゃんマンションは、恥ずかしくて、見せることが出来なかった。

当時は、欲しい物を買ってもらえず、地団駄を踏んで大鳴きしたりしたけれど、子供の頃、何でも買ってもらえる環境でなかったことは、良かったのだと今では思う。必要に迫られて、私の中にある創造性が発揮され、物づくりの喜びを味わうことを覚えたのだから、父に感謝しなければならない。

物づくりの喜びは、パタゴニアに住んでから再発見したことの一つである。畑で野菜を育てるのだって、物づくり。そこには、創造性が必要とされる。学びの連続。試行錯誤。うまくいった時には、喜びと達成感があり、自信につながる。

私たちの家も、創造性の賜物だ。家を設計したことも、建てたこともないポールが、世界に一つしかないユニークな家をデザインし、建築することができたのは、彼が創造性を発揮したからだし、その上、家具まで全部作ってしまったのだから、それには、彼自身も驚いていた。(家具は、ラフンタに売っていないし、売っていたとしても、市販の家具は買いたくないというのが理由だった)

ポールが、最初に作った家具は、食料が収納できるベンチである。6年間、ほとんど、毎日座っているし、この日記も、ベンチに座って書いている。家具の出来栄えは、職人並みで、ポールは、隠れた才能を発見したことにとても喜んでいた。若い頃、ヨットで働いていて、ヨットの本体をやすりがけしたり、ペンキ塗りやニス塗りなどをした経験も役立ったらしい。

pauls bench web

造園デザインが大好きだということも、ポールは、ここで発見した。もともと、牧草地でたった2本しか木が生えていなかった土地に、木を植え、森を作り、遊歩道を作り、池や段々畑、ハーブガーデン、花壇を作った。今、この土地にある全てのものは、彼の想像力(イマジネーション)と創造力(クリエイティビティー)から作られた。

Purple garden 2017 web

そう考えると、ラフンタに私たちが落ち着いたのも、偶然とは思えない。ここは、開拓者の村、自由な精神(フリースピリット)の溢れる村。何かが足りなかったり、壊れたりすると、「工夫しよう!」というのが、みんなの口癖だ。何かが壊れると、ほとんどの場合、針金とタイヤのチューブと、その辺にあるものを使って直してしまう。

農場では、男の人が、家を建てたり、フェンスを作ったり、家畜の世話をしたり、馬の蹄鉄をつけたり、家具を作る。女の人は、パンを焼き、ジャムを作り、野菜を育て、羊の毛を刈って、それを毛糸にし、木の皮や木の実で染めて、セーター、ポンチョ、靴下、ベレー帽などを編む。蜂を飼って蜂蜜を採り、、蜜蝋でロウソクを作り、草でバスケットを編み、牛の乳を搾って、ヨーグルトやバター、チーズを作る。パタゴニアに住み始めた当時、何でも買うことに慣れてしまっていた私は、「こんなにたくさんの物を手作りできるんだ」と心底、驚いた。

「もしも、世界が終わることがあっても、ラフンタの人たちは生き延びられるよね」と、よく、私たちは話す。ラフンタの村に、道路が来て、電気や自動車がやって来たのは、つい最近で、村から離れた農場では、まだ、道路がなく、電気がない場所がたくさんある。だから、彼らは、自給自足の生活をまだ忘れていないし、生活に必要な物を手作りしながら、自然と共に豊かに生きる暮らしをしている。それは、失ってはいけない大切なことだと思う。

東京でOLをしていた頃は、創造性を発揮する余地はとても限られていた。仕事は楽しかったし、達成感もあったけれど、心から満たされるということはなかったように思う。いつも、何かが欠けていた。もっと、評価してもらえるように、常に、もっと頑張らなければいけないと自分にプレッシャーをかけていた。息切れして、生きる力が尽きていくような気がして、充実感とは、程遠かった。

今は、仕事をしているという感じは、しない。毎日、楽しんで生きている。喜んで、創造している。どんなにシンプルな物でも、創造すると嬉しくて、また、創造したくなる。

私は、物を作るのが、本当に好きだ。書くことも含めて、何かを創造している時、心から自分が喜んでいることがわかる。そして、そこから、生きるエネルギーが湧いてくる。

「Beautiful Life 世界の果てで暮らしてみたら」菊池木乃実著
https://konomikikuchi.com/2017/08/24/beautiful-life/

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Powered by WordPress.com.

Up ↑

%d bloggers like this: